ヘアケア

きれいな髪は美人の証! 美髪を作り出す最大の近道は生活習慣の見直しから

きれいな髪というものはいつの時代も女性の象徴です。髪がきれいだと男性でも女性でも好印象を与えます。髪のきれいな人を嫌だと感じる人は少ないですよね。反対に、髪が汚かったり、パサパサしていたりフケがついていたらどうでしょうか。近寄りがたいと思う人が多いかと思います。ではどのようにケアをしたらきれいな髪を保てるのでしょうか。

髪に大事なのは生活習慣が整っている事が大前提

髪が生えてくる「頭皮」。 いい髪を作るにはこの頭皮を大事にする事から始まります。頭皮を大事にするにはどうしたら良いのでしょうか。

1番の髪へのトリートメントは食事

まず、最も大切な事は美容院で何万もするトリートメントをしてもらう事・・・ではないのです。

正解は「食事」です。人間の三大欲求の一つと言われている食事が、髪にもとても重要な事なのです。食生活が偏るとお肌がボロボロになるなど、女性の方なら一度は経験した事があるかと思います。それと同様に食事が偏る事によって、身体だけでなく頭皮にも影響が出てしまいます。

花のお世話をする時に、土が悪いといくらいい苗を植えてもきれいなお花は咲きませんよね。髪も花と同じです。土台がしっかりしていないといいものはできません。

よって、まずは食事から見直す必要があります。とはいえ忙しくて寝る時間すらままならないのに、いいものを選んで食べてなんかいられませんよね。

そんな時は発想を変えて、何を食べるかではなく、何を食べたらよくないのかを知る事が大事です。

頭皮に悪い事と言えば、血流の流れを収縮させてしまう事です。血流の流れを悪くしてしまうものが何かというと、みんなが大好きな「アルコールやカフェイン」です。
shutterstock_126810821

このアルコールやカフェイン(酸性の食品)を多めに摂取してしまうと、身体のバランスが崩れてしまいます。人間の体の中が酸性であることは頭皮にとってあまりいい状態とはいえません。もし、酸性の食品を飲みすぎたな、食べ過ぎたなと感じた日の次の日は控えるなど、少しのことでも心がける事が大切です。

睡眠不足が髪に良いという事は1つもない

次に大切な事は睡眠です。人間には大切な「睡眠」が髪にとっても大切な役割をしてくれます。なぜなら睡眠中に栄養成分は血管を通って頭皮に栄養を与えます。

頭皮にある毛根は、睡眠が十分にとれていなければ働く事ができません。
shutterstock_231519856
睡眠不足だと、頭がボーっとした経験はありませんか。

なぜ、ボーっとするのかというと、寝不足は体内の血管を収縮させる働きがあるからです。血管が収縮してしまうと、頭皮に流れる血も不足してしまうのです。血が流れにくくなるという事は、頭皮に行くはずだった栄養が充分におくられないという事です。

ここでもまた花の例えになりますが、いくら栄養のある肥料をあげてもいい植木鉢に植えても、肝心の「水」がなければ花は芽すら出しません。

水は血管から与えられるものと思ってもらえば、わかりやすいかと思います。なので睡眠はとても重要な役割をしています。しかし現代人はとても忙しいので、何時間も寝る暇はなかなかありません。

でも、ここで重要な睡眠というものは長時間眠ってくださいというものではありません。

決まった時間に同じ時間で規則的な睡眠をとる事が重要なのです。規則正しい睡眠は人間の新陳代謝をアップさせてくれます。

逆に、不規則な睡眠は新陳代謝が低下してしまいます。新陳代謝が低下すると、古い細胞がそのまま残ってしまうのです。髪への影響で言うと、枝毛や切れ毛がそのまま残ってしまい、後から生えてくる毛も似たような弱いものが生えてきてしまいます。

髪のために睡眠をとった方が良いからといって、仕事が休み日のみ一日中寝ていては何の意味もありません。

大事なのは「規則正しい睡眠」なのです。

ストレスが髪の毛に与える影響

shutterstock_227470285
現代社会では、切っても切り離せない問題としてストレスがあります。このストレスは、頭皮にもかなり影響してくるのです。睡眠でお話した通り、いい髪にするには血管から毛根へ栄養をおくりこまなければいけません。ストレスを多く感じてしまうと、自律神経が乱れてしまいます。

この自律神経が崩れてしまうと、血管や細胞が弱り、血管が弱ってしまうと栄養がすみずみまで行き渡りません。結果として、バサバサの髪になるなど、フケや抜け毛の原因となってしまうのです。

いい髪にしたいからといって髪だけをいたわってあげても、身体全体を大事にして生活してあげない事にはきれいな髪を手に入れる事も維持する事もできないのです。

毎日行うシャンプー、リンス、トリートメントのそれぞれの役目とは

毎日髪に使うものと言えばシャンプーとリンスです。
shutterstock_128732432
みなさんシャンプーの役割を知っていますか?

シャンプーは、頭皮の汚れや皮脂を洗い流す役目をしています。頭皮の毛穴がつまる事によって抜け毛や薄毛、フケの原因になってきてしまいます。その汚れを取り除く事がシャンプーの役目です。ですので、髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うという感覚を忘れず、優しく指の腹でマッサージをするように洗う事が重要となってきます。

間違っても、爪で傷をつけたりしないでください。シャンプーを使った後はリンス(コンディショナーとも呼ばれます)をつけます。普段意識せず2番目に使っていますがリンスの役割をご存じでしょうか?

先ほどシャンプーは頭皮を洗う役割でしたが、リンスは髪の表面を保護する役目をもっています。ですので、シャンプーとは逆に、今度は髪一本一本にリンスをつける感覚で行うといいでしょう。

リンスを頭皮につけてしまうと、毛根がつまってしまいトラブルになってしまうので気をつけてください。

ちなみに、リンスのほかにトリートメントという言葉を聞くかと思いますが、トリートメントは何の役割をすると思いますか?

リンスとトリートメントは同じだと思っているかたもいるかもしれませんが、それは間違いです。トリートメントは毛髪の内部に栄養を届けて髪の毛の傷みを修復する役目をしています。リンスが外側、トリートメント内側に効果があると言えばわかりやすいかと思います。ですので、自分の髪にあわせてリンスとトリートメントを分けて使うと相乗効果が期待できます。

ドライヤーの熱には要注意、近づけ過ぎはNG

shutterstock_88435369
濡れた髪を乾かすのにドライヤーを使います。髪の傷みの原因の一つにドライヤーの熱があります。熱というものは髪の潤いを取ってしまう働きがあります。だからといって髪を乾かさなかったら風邪をひいてしまったり生乾きの匂いがついてしまったりします。

髪を洗ったからには乾かさなければいけません。あまりドライヤーを髪に近づけすぎたり頭皮の近くにあてたりしないように注意する必要があります。

1度の高価なトリートメントよりも、日々の生活習慣の見直しが美髪への近道

美は1日してならずといいますが、髪の毛も同じように毎日のケアの積み重ねによって美しくも育つし、ボロボロにもなります。

一度ボロボロになってしまった髪の毛を、また健康で美しい状態に戻すのはそう簡単な事ではないですが、日々の生活習慣を見直して少しずつ改善する事によって、新しいきれいな髪の毛を作り、育む事ができるのです。

ただいまサロン情報がみれません。ご迷惑をおかけします。予約はこちらからどうぞ↓


関連記事

  1. どんな髪にも対応できるケラスターゼトリートメント
  2. 美容室で洗い流さないトリートメントの購入を勧められた時
  3. 美容師オススメのシャンプーって本当に良いの?
  4. パーマやカラーは必ず美容室でプロにやってもらいましょう。セルフだ…

おすすめ記事

自宅でセルフカットしたい!私が一度も失敗しない理由

毎月美容室行くの面倒だな、今月お金ないし…。私が自宅セルフカットを始めるようになった理由は、こんな心…

老舗高級美容室TAYA、クーポン利用なら料金もぐっとお得です!

TAYA(GRAND TAYA、田谷、クレージュ、Shampoo)といえば、都内はもとより全国でも昔…

美容室の眉カラーってみんなしているの?

顔の印象を決めるまゆ毛!みなさん眉に力入れていますか?形だけでなく、明るい髪の毛との相性もとっても大…

美容師オススメのシャンプーって本当に良いの?

美容室に行くと美容師さんにシャンプーやトリートメントを勧められたことありませんか?待ち時間におす…

空き時間ができたら美容院に行きたい!でも予約は不安、キャンセルしちゃうかも…。そんな時の予約のポイント!

美容院に行きたいのに、「仕事の都合がいつつくか分からない」、「子供が小さくて落ち着いている時間を見計…

美容師が選ぶしっとりさせたい方に向けたおすすめトリートメント!!

美容室で行うメニュートリートメントですが、最近はほとんどの美容室でも扱っていないお店はないと思います…

ヘアカット

PAGE TOP